VB Excel操作テクニック.NET

VBでExcelを読込み、操作するテクニック集。貼付だけで機能するソースコードも公開。
Sheetの名称を取得・設定する
Sheetの名称を取得・設定する

Sheetの名称を取得・設定する

操作対象のSheetのNameプロパティを取得・設定します。
コメントでも書かれていますが、WorkSheetオブジェクト作成の際、
WorkSheets(n)はオブジェクト型のため、WorkSheet変換時はキャストが必要です。


' Excelアプリケーション
Dim xlApp As Application = Nothing
xlApp = New Application
' ワークブック
Dim xlBooks As Workbooks = Nothing
Dim xlBook As Workbook = Nothing
' シート
Dim xlSheets As Sheets = Nothing
Dim xlSheet as WorkSheet = nothing

xlApp = New Application
xlBooks = xlApp.Workbooks
xlBook = xlBooks.Open('対象ファイルまでの完全パス')
xlSheets = xlBook.Worksheets
' xlSheets(n)はObject型なのでWorkSheetにキャスト
xlSheet = DirectCast(xlSheets(1), Worksheet)



' Sheet名を設定
xlSheet.Name = "Sheet1の名称"

' Sheet名を取得
MessageBox.Show(xlSheet.Name)

« »