VB Excel操作テクニック.NET

VBでExcelを読込み、操作するテクニック集。貼付だけで機能するソースコードも公開。
開発環境準備 Excelの参照設定
開発環境準備 Excelの参照設定

Excelの操作方法の説明ですので、

基本的なソリューション、プロジェクト作成および設定は割愛します。

 

まず、.NETからExcelを呼び出すためには、

開発環境にExcelの参照設定を追加する必要があります。

参照設定は以下の手順で行います。

 

1.ソリューションエクスプローラの参照設定から、参照の追加を選択します。

Excel VisualStadioの参照設定

 

2.参照の追加画面から、「Microsoft Excel XXX Object Library」を選択し、OKボタンを押下します。(XXX はバージョンによって異なります。)

参照追加画面からExcelを選択します

 

3.参照設定が完了すると、以下のようにソリューションエクスプローラの参照設定にExcelが追加されます。

Excel追加後の参照設定です

 

ここまででExcel操作の処理を作るための準備が完了です。

以降は実際にExcelを操作するためのクラスやメソッドの作成を行っていきます。