VB Excel操作テクニック.NET

VBでExcelを読込み、操作するテクニック集。貼付だけで機能するソースコードも公開。
指定したセルの値を取得する
指定したセルの値を取得する

指定したセルの値を取得する

セルの座標を指定して値を設定します。
下の処理では、A1セル設定してある値を取得し
メッセージボックスに表示させています。


' Excelアプリケーション
Dim xlApp As Application = Nothing
xlApp = New Application

' ワークブック
Dim xlBooks As Workbooks = Nothing
Dim xlBook As Workbook = Nothing

' シート
Dim xlSheets As Sheets = Nothing
Dim xlSheet as WorkSheet = nothing

' セル
Dim xlRange As Range = Nothing
Dim xlCells As Range = Nothing

xlApp = New Application
xlBooks = xlApp.Workbooks
xlBook = xlBooks.Open('対象ファイルまでの完全パス')
xlSheets = xlBook.Worksheets
xlSheet = DirectCast(xlSheets(1), Worksheet)   ' 1シート目を操作対象に設定

' 対象のセルを指定
xlCells = xlSheet.Cells
xlRange = DirectCast(xlCells(1, 1), Range)     ' セルA1を操作対象に設定


' 値を取得
MessageBox.Show(xlRange.Value )
'

« »